リアルタイムの為替レートをきちんと読むことで、売りや買いの傾向が分かるので、しっかりとトレンドをつかむ事が大切です。



リアルタイムの為替レートの足とは

1時間足、3時間足、5時間足などのチャート表で、リアルタイムの為替レートを知ることができます。チャート表でいう足とはどんな意味なのでしょう。足というのは値動きを一定の時間で区切って、ローソク状のグラフにしたもののことを言います。30分、2時間、1日、1カ月など、時間の単位は様々なものがあります。リアルタイムの為替レートの動き方を、チャート表を使って表にすることで、今後の為替レートの変化を推測することができます。短い分足は、細かい為替レートの動きを見ることができます。将来的な為替レートの変動を、長期スパンで把握したい場合は、日足や月足を用いることになります。ローソク足には、その時間内での始値、高値、安値、終値の4つがどこにあるかがわかります。5分足ならば、5分間の始値、高値、安値、終値を知ることが出来るという事です。ローソク足チャートを使えば、10分ローソクならその10分の中で、30分のローソクならその30分の中での値がわかります。為替レートのトレンドを理解することで、これから為替レートが上がるのか、下がるのかが推測できます。そのためにはチャート表が大事です。